リハビリテーション・セラピストのお役立ち情報

セラピストプラス

マイナビ医療介護のお仕事

マイナビ医療介護のお仕事

リハビリテーション・セラピストのお役立ち情報

マイナビ医療介護のお仕事コンテンツサイト セラピストプラス

在宅復帰を後押し! 患者さんの動作を助ける便利な介護グッズ2017.02.13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  LINEで送る

患者さんが在宅復帰を目標としたときに、必要とされるのがトイレ動作や室内の移動能力です。介助者の手助けが欠かせない場合もありますが、できる限り患者さん本人の力で、生活動作を継続してほしいもの。そこで見直したいのが、介護グッズの利用です。患者さん一人では難しい動作も、環境を整えることで動作が自立できることも多くあります。今回は自宅退院を後押しする、便利な介護グッズを紹介しましょう。

自宅内移動 編

屋内移動で問題となることが多いのが大きな段差。バリアフリー化するのが一番ですが、すぐに対応できないこともあるでしょう。そんなときには工事の必要がなく、簡単に設置できる介護グッズを利用してみましょう。


たちあっぷ

伸縮つながるくん
式台

大きな段差を小分けにして、小さな複数の段差にするための台です。40cmの段差を昇降することが困難な患者さんでも、20cmの段差であれば上り下りが可能な場合もあります。底部には滑り止めがついており、体重をかけてもずれにくく設計されています。また高さの調節が可能なものもあります。

たちあっぷと伸縮つながるくん

手すりの設置が難しい場所でも、工事なしに設置できるのが「たちあっぷ」です。玄関やお風呂など、サイズさえ合えば屋内のどこにでも設置できます。また、「たちあっぷ」と「伸縮つながるくん」を連結することにより、患者さんの動線を確保し、移動を手助けすることができるようになります。独歩は不安定でも、手すりがあれば屋内の移動ができる方は多く、「寝室からトイレまで」というように患者さんの動線に合わせて設置すると、効果的です。

入浴 編

浴室は転倒リスクの高い場所のひとつです。安全な入浴動作を助けるアイテムを利用しましょう。

滑り止めマット

濡れた床面は非常に滑りやすく、危険なもの。滑り止めマットを一枚敷くだけで、転倒予防に効果を発揮します。浴室内だけでなく浴槽内でも使えるものがあり、用途に合わせて選びます。


バスボード
バスボード

浴槽が高く、またいで入れないときに便利なバスボード。幅の広い板状のグッズで、浴槽の縁に橋のようにかけて使用します。患者さんはまずバスボードに腰かけ、その後、片足ずつ浴槽をまたいで入ります。途中でボードがずれないよう浴槽に固定できるので、動作中も安心です。

浴槽内台

浴槽内での立ち座りを補助してくれるのが浴槽内台。浴槽内に沈めて使用するもので、水に濡れても問題なく、底に吸盤がついています。座面の高さがあれば立ち座りの自立がしやすくなるため、利用価値の高いグッズです。

シャワーチェア

どうしても浴槽を利用することが困難な患者さんに対しては、シャワーチェアの使用を検討します。濡れても問題がない素材のイスで、座ったまま洗体や洗髪が可能です。足には滑り止めがついており、濡れた床でも安定します。

トイレ 編

自宅復帰において障害となりやすいのが排せつの問題。排せつ動作自立のためにも、さまざまな便利グッズがあります。

ポータブルトイレ

ポータブルトイレ「ジャスピタ」

ベッドからトイレまでの移動が困難な患者さんには、持ち運びが可能なポータブルトイレを導入します。ベッド脇に設置し、先ほど紹介した「たちあっぷ」と併用すれば、移乗動作も安定し、トイレ動作が自立できる確率は高くなります。種類もさまざまで、プラスチック製の簡易なものから、脱臭機能や便座を温める機能がついたものまで。動作が不安定な患者さんに対しては、安定感があり、身長に合わせて高さ調節の可能なものが第一選択となります。

クリップセンサーやセンサーマット

トイレ動作が一人では困難であるものの、認知面の低下などにより一人で動いてしまう患者さんに対しては、クリップセンサーやセンサーマットが有用です。ひも状のクリップセンサーは、ベッドと患者さんをつなぐように襟首や服の一部に取りつけます。患者さんがベッドから起きると引っ張られ、センサーが作動し、アラームが鳴る仕組みです。センサーマットも同様に、ベッド脇に設置したマットに患者さんが触れると、アラームが鳴ります。患者さんが一人で動き、転倒してしまうリスクを減らすために活用できます。

在宅復帰のために

入院中の患者さんのゴールは退院して自宅で生活できるようになることですが、安全が確保されていなければ、転倒してすぐに再入院ということにもなりかねません。介護グッズを上手に活用して、患者さんの自宅復帰をサポートしていきたいですね。

 

【参考URL】

    <PR>マイナビ医療介護のお仕事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  LINEで送る

他の記事も読む

TOPへ